アパートの探し方|資産運用として活躍する投資マンションは売却しても利益がある
メンズ

アパートの探し方

集合住宅

不動産投資として売りアパートを検討するケースがあります。マンションとは異なり、早い期間にローン返済が終わることで、安定収入を得られるのが特徴です。収益性の高い売りアパートを探すために、その特徴について知っておく必要があります。まずマンションとは異なり、建物の耐久性が低いために減価償却期間は短くなります。これは確定申告の際の経費を多めに計上できることにつながります。その代わりにローンも長期間組むことができないので、資金計画を立てる際には注意が必要です。また建物の劣化も早いので、豆に補修工事をする必要もあります。ただしマンションのように大がかりな工事にはならないので、さほど費用はかからないものとなります。

人気の高い売りアパートの条件は、賃貸需要が多い立地にあるものです。例えばコンビニやスーパーが近いこと、最寄り駅から徒歩10分圏内にあること、単身者用であれば近くに大学がある売りアパートも人気があります。また、将来の地価上昇が見込める場所も人気があります。売りアパートは当然ながら、土地も購入することになります。マンションの場合はほとんど建物の価値で評価されますが、アパートは土地の価値で評価されます。そのために将来転売する場合には、土地の価値の分だけは資産価値が残ることになります。また、アパートは複数の部屋を保有するために、空室による利益率低下のリスクを抑えることができます。マンションであれば、一室のみ保有する場合では空室となると収入はゼロになります。